東京しごとセンターがミドルコーナーなど年齢で分けている理由は?

転職や就職先を探すときに意識するのが、年齢です。
特に東京では人が多すぎるためにある程度の区切りを設けないと一か所に集中するんですよね。
これはどんな転職サイトやエージェントや求人情報を見ても出てきます。

30代40代の年齢にもなると一般的には

・さぞ多くの経験を積んでいるはず
・20歳や新卒と同じ待遇にはできない
・管理職ができる人材が欲しい

とも言われ始める年齢でもあり、それなりの期待も持たれやすいです。

東京しごとセンターにも多くの企業からの求人情報は集まっていて、企業のほうも当然、来てもらいたい人材のイメージを持ってはいるけど法的にも年齢制限を表立って公開できないので、そこが東京しごとセンターによって『ミドルコーナーでの募集』とでもなっていれば自然と30代以上が応募される仕組みができてますね。


それでは果たして東京しごとセンターのミドルコーナーではどんなサービスを受けられるのか、評判は良いのか、など東京しごとセンターを検討されている方の不安に思う内容や情報を見ていきますね。



↓ ↓ ↓
憧れの東京都内で応募企業を見つけよう!

利用はすべて無料!安心サポート!

東京しごとセンターのミドルコーナー詳細とは?






東京しごとセンターとハローワークの違いって何?



東京しごとセンターには東京都内から本当に多くの企業が求人募集を出されています。
ハローワークもありますが、どちらか片方だけ出す企業も多いです。

東京しごとセンターとハローワークの両方に求人を出すには募集者の管理や情報整理が手間だからです。

つまり、ハローワークでは見かけなかった求人案件を東京しごとセンターで見つけたなんて評判もよく聞かれる話なんですね。



仕事を探す人にも色んな人がいて、面倒くさがり屋さんだと近所のハローワークだけで求人検索してるなんて人は少なくありません。
そういう方は東京しごとセンターに行かず、求人広告も見ないでハローワークとだけのやり取りで済まそうと思いますね。

ハローワークだと全国に拠点があり、ネット検索で地方からでも東京の募集企業に申込めるので、必然的にライバルも多くなりがちなのは分かりますよね。

ところが東京しごとセンターでは、東京に限定された求人がメインです。
都民以外でも利用できますが、東京郊外までがやっとであり、東京しごとセンターに来られて登録されている人に特化されているので、狭いけど濃い求人情報が集まっているのが特徴です。



また、ハローワークは公務員なのに対して、東京しごとセンターは東京都が民間に委託された企業によって運営がされているので、対応される人たちの感触も異なります。
公務員の皆さんと一般企業の人たちとでは、転職や就職の大変さへの理解度も変わります。

ハローワークの評判を見ていると、『事務的に対応された』『どこか他人事だった』『面接方法は教えてもらえない』『履歴書の書き方もごく一般レベル』と言った内容がとにかく多いです。

それが東京しごとセンターの評判では『同世代だからこその悩みも理解してもらえた』『まるで自分の事のように真摯に考えてくれた』『企業によって面接対策を教えてもらえた』『履歴書で印象をアップさせる方法を聞けた』などポジティブな内容も多く見られたんです。



30歳までフリーターだった人も東京しごとセンターで正社員に



東京しごとセンターの評判を見ていると、ミドルコーナーに参加された30歳フリーターだった人の書き込みがありました。

『自分で満足な履歴書も書けず、転職エージェントでは門前払い、求人サイトで書類選考にも落とされるので東京しごとセンターに行き始めたんです。アドバイザーさんからは今まで僕に似た人がどうやって正社員で雇用されるようになったか、履歴書がよく見える方法とか面接で上手く伝える方法など、無料なのにたくさん教えてもらえたおかげで念願の正社員雇用を果たせました。』

と書かれていたんです。

彼は社員数50名ほどのIT企業で未経験業種だったにも関わらず採用されたようです。




やはり東京ならではと言うか、まずIT企業は都会に集中しています。
また、未経験であっても採用されやすいのが東京の特徴とも言えますね。

IT業界はまだまだ生まれて時間が経っていない分野でもあるため、経験者のほうが少ないです。
そのため、会社も事業を運営するには研修や教育時間を最初に設けて社員教育させてくれる環境を作っているケースが多く見られます。

さらにIT企業は儲かりやすい分野でもあるため、給料も比較的高いのが大きな特徴です。

一旦入社さえできればスキルは自然と身についていくので、そのための履歴書や面接対策は素直に東京しごとセンターのミドルコーナーで教わったほうが手っ取り早いと思います。




↓ ↓ ↓
憧れの東京都内で応募企業を見つけよう!

利用はすべて無料!安心サポート!

東京しごとセンターのミドルコーナー詳細とは?








大卒でも東京しごとセンターで求人検索される人は多い



昔は高卒でも大卒でも最初に入った会社で一生を終える終身雇用も当たり前だったのですが、そんなのは昭和の時代で終わっている話です。

今どきは新卒で入った会社を3ヵ月で辞めたとか1年で転職するとか、そんな話も普通ですよね。
研修期間に『自分はこの会社に合わない』と感じるとモチベーションも続かず、同僚や上司など嫌な人と一緒にいてまで一生を終わりたくないと考える人だっています。

それに入社前に聞いていた話と違った、なんてケースもありますよね。
商品開発をやりたかったのに営業部に配属されて興味を失うとかもよく聞かれます。
個人の都合や希望が通らないのが会社や組織のルールと言われればそれ以上反論もできないんですよね。

また、東京しごとセンターのミドルコーナーの評判の中には、『30歳になって初めてやりたい業種が見えてきた』という方もいるんです。
新卒で何となく決まっただけの会社に入って、何となく毎日働いていたけど、日々の生活の中で自分の特技を活かせる職業とか興味が変わるのも人間です。

退職金や失業保険をもらいながら東京しごとセンターのミドルコーナーに行って求人検索されている人もいるんですね。

これだけ現代は選択肢も多く、それは30歳や40歳になってから人生を変える選択も普通にあるんです。


田舎のブラック企業から東京しごとセンターへ行った人も



これは東京だけの話ではなく、全国的に広がっているのがブラック企業の存在です。

・残業は当たり前
・ノルマがキツイ
・納期がある
・人間関係がもう無理
・社風が古臭い
・上司のパワハラやセクハラ
・給料が安すぎる

など都会でも田舎でもこういうのは関係ないですよね。



残業の有無は入社前に確認する事はできます。
今どきはライフワークバランスを重視する会社も増えているので、給料はそこそこで良いからプライベートを充実させたい人向けの社風も昔より多いです。

ノルマや納期などは普通の雑誌やネットの求人サイトだと入社まで不明だったりしますが、東京しごとセンターに入ってくる求人情報なら事前にアドバイザーや周りの人達にも話は聞けます。

東京しごとセンターのメリットでもありますが、同じように来ている人間同士での情報交換はとても有意義です。
自宅で1人で検索するよりも遥かに多くの情報を耳にする事ができて、客観的な判断を持てます。
ミドルコーナーなら同世代ばかりが集まるので、自分に似た人達とのコミュニケーションも持てて、自分だけじゃないんだという勇気や自信にも繋がります。



給与面だと、東京はそれなりに高いです。
田舎でヒドイところだと月給13万円とかもあるようですが東京だと最低でも月20万円はもらえます。
法律で最低賃金とかあるからです。

さらに30歳以上のミドルコーナーに出される求人企業なら月給30万円も普通にあります。

それに職種も求人数も東京はダントツに多いですね。
田舎ではコンビニや工場など肉体労働ばかりでも、東京だとIT系やデスクワークなどパソコン仕事がとにかく多いです。
職場もキレイなオフィスなど快適なので、もう田舎には戻れないと思います。



東京しごとセンターで正社員募集の情報はコチラから